golf caddy GPS,Golf GPS
主な機能製品仕様パソコン推奨環境
V500外観
 
衛星写真 ビデオフライオーバー 電子スコアカード トラック軌跡記録

 

 

主な機能
   

衛星写真とカラーコースレイアウトを収録
V500 は全国のゴルフ場を収録済みです。カラーコースレイアウトの他、高解像度な衛星写真を取り入れておりまして、コース上の任意の場所から正確な距離情報をプレイヤーに提供することが出来ます。画期的なユーザーインターフェイスは、プレイヤーが次のストローク地点に移るときも、各障害物までの距離を絶えず更新します。

 
   
    衛星写真
プレイ中に実際のイメージ情報がご覧になられます。V500はプレイヤーに各ホールに高解像度な衛星写真の「実写」を提供し、現在地より各障害物までの距離表示が出来ます。また衛星写真は一画面で収まるよう調整を致しましたので、例えばパー5のようなロングホールでも画面をスクロールし、ホール全体を閲覧する必要がありません。
 
 
    ビデオフライオーバー
各ホールの詳しい情報を知るには、V500のフェアウェイフライオーバーが5秒間ティーグラウンドからグリーンまでの方向性とフェアウェイの特徴がつかめます。それにより、フェアウェイ上のプレイヤーの戦略を立てることが出来ます。
 
 
   

低反射処理タッチパネルディスプレイ
太陽の下でもクリアに見えるAR(反射防止)処理タッチパネルディスプレイ
タッチパネルによる測位

V500は衛星写真と3Dカラーコースレイアウトにて画面をタッチすることにより、スクリーン上で対象までの任意の2点間で距離と、グリーンまでの距離を測定します。

 
 

電子スコアカードとスコアの分析
V500はシンプルなタッチ操作で合計スコアが自動的に行うことができ、簡単にアウト9ホール・イン9ホールのスコアを把握することができます。18ホール終了後、普通版ではスコアを合計のみで、プロ版ではスコアの分析を行うことができます。

 

パーソナルコースレイアウトの情報編集
V500 はプレイヤーがどこででもレイアウト(バンカー、ウォーターハザード、グリーンなどの配置)変更可能です。コースレイアウトは、ゴルフ場のコースリフォームなどの変更で変わる可能性もありますので、その場合はレイアウトの新設、削除も自分で簡単にできます。

 

トラック軌跡記録
V500はディスプレイ上に上に毎回のボールの落下位置、ラウンド中のショット軌跡も記録できます。保存されたデータを使って自分のラウンドデータを振り返ることが出来ます。

製品仕様
寸法 116( 高さ ) x 57( 幅 ) x 20( 奥行き )mm
重さ 129g
ストレージスペース 約 100 件 ( ファイルの大きさによって左右されます ) 100 件のスコアカード
連続使用時間 約8.5時間~12時間
ディスプレイ 3 インチ ( 解像度 240 x 400) 高解像度カラー LCD/ バックライト機能付き
サポート言語 英語 / 中国語 ( 繁体字 ) / 中国語 ( 簡体字 ) / ドイツ語 / フランス語 / スペイン語 / 日本語
距離単位 ヤード / メートル / マイル / キロメートル
防水性能 あり、 IPX3
認証取得 CE, FCC, WEEE, RoHS Compliance, PSE
GPS 受信アンテナ 内蔵
インターネット接続環境 必要
会員登録 必要 *登録なしでもご利用頂けます 詳しくはこちら
 
パソコン推奨環境
XP/ Vista / Windows 7
( 現在アップル社製マッキントッシュに非対応 )
CD-ROM
512 MB RAM (XP) 1 GB RAM (Vista) 以上
12 MB 以上の HDD の空き容量